2014
09.06

脂質異常症とは、血液中に含まれている脂質が、基準よりも多くなってしまう症状の事です。脂質が多くなることで血液がドロドロになり、血管が硬くなってしまい様々な病気を引き起こす要因となります。自覚症状がほとんど表れない病気なので、血液検査や健康診断を受けて初めて発覚する場合が多くなっています。

脂質異常症の原因として多くなっているのが食生活の乱れや運動不足といった生活習慣の乱れです。食べ過ぎやアルコールの飲み過ぎ、コレステロールを多く含む食品の食べ過ぎによって血液中の脂質が基準値よりも多くなってしまいます。改善の為には、食べ過ぎや飲み過ぎに注意し、運動の習慣化が必要です。また、家族や近親者に多くこの病気がみられる場合には、遺伝子が原因である場合もあります。

2014
09.02

高脂血症とは、脂質異常症のことで、中性脂肪とコレステロールの両方またはどちらかが多すぎる病気です。つまり、血液中の脂質が蓄積された状態です。高脂血症の症状は、特に自覚症状が出るわけではないので、本人は気が付くことはなく、徐々に症状が悪化してしまう傾向にあります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあります。

高脂血症の原因にはまず遺伝的なものがあり、近親者に高脂血症の患者がいる方は、いない方より発症する可能性があります。また、他の病気が原因で高脂血症になる場合もありますが、中高年の高脂血症のほとんどは遺伝的原因と食生活が偏ることに関係があります。日々の食事でコレステロールの多いものを好んで食べたり、甘いものを沢山食べたり、エネルギーを取りすぎてしまうのも原因のひとつです。

2014
09.01

占いの学校では、占いを学び、人生に活かし、豊かにする術を習得することができます。占い師として活躍するための、様々な知識と技術を学び、実際に色々な人々のニーズに沿った占いを行うためのノウハウも修練することができます。

占いと一口に言っても長い歴史によって、多種多様な占い技術が構築されています。九星方位活用術や手相、西洋占星術、タロットカードは、占いの中でも特にメジャーな技法ではありますが、豊富な知識が必要不可欠です。占いの学校では、本格的に占い師を目指す方はもちろん生活に活かすための技術として学ぶ方のために、各占い技法について段階的に学ぶことができるカリキュラムを構築しています。占いに興味がある方のための体験講座やメディア等で幅広く活躍するプロ占い師が教鞭をとる講義も開講しています。